金刀比羅神社例大祭deナポリタン

1月10日㈭、

湯本の金刀比羅神社の例大祭があります。

ハコちゃん、元漁師なので

海上安全の神様のこんぴらさんには

超リスペクトです。

金刀比羅神社のサイト

「ことひらじんじゃ」って

読むんですね…

当日は、神社までの沿道が

車両通行止めになり、400を超える

出店がにぎわうなか、

ナポリタンの実演販売をします。

この看板がめじるしです!

場所は湯本駅から徒歩五分の八百屋、

石河屋さんの前をお借りします。

寒いと思うので、

しっかり防寒して

いらしてくださいね。

汐風竹町フェスタのご報告とちょっと愚痴

小名浜を盛り上げたい、という

気持ちだけでお引き受けした

まぐろ解体ショー、無事に終了しました。

12:00解体開始、

12:30ごろ柵にしたものを販売開始、

13:00には完売しました。

良質な物を破格値で販売したため

採算でいうと赤字だったです。

ナマモノの販売、スピード感大事です。

一気に売り切らないといけません。

これは、売れ残りを防ぐための

テクニックです。

採算度外視で販売したことで

地域の方々に大変喜んで頂けた印象でした。

写真のまぐろ、1パック1000円也でした。

脱線しますが、

竹町フェスタの目玉企画として、ということで

解体ショーの打診があったのは

10月20日。割と早かった。

『頼まれ事は試され事』

なものですから

面白そう、やりましょう!

と即答しました。

『何人ぐらいの集客を予定していますか?』

と問うと

『何しろ、初めてなので見当がつかない。』

との事。

(当然、仕入れるまぐろの大きさは

集客数によって変わります。)

しかも 依頼を受けた後になって

判明したのですが

採算がマイナスになった場合でも

5万円しか主催者は負担できない。

とのことでした。

つまり、客寄せパンダちゃんの私達に

主催者が集客数を試算できないイベントで

万一、5万円以上赤字がでたら

その分は負担して欲しい。

という内容であったのです。

……

ポスターに使用する

まぐろの写真は私が印刷屋さんに送り

イベント二週間前になっても

ポスターは私達のところへ届かず

イベント12日前に

直接、印刷屋さんに打診して

完成したポスターの画像データを手に入れて

自分のプリンターで

印刷しまくって配りました。

(宣伝したいのでポスターをください。

と主催者側にいったら

A4サイズを一枚だけもらえました)

もやもやしたイベントにはしたくなかったので

コミュニケーションをとりたいと思い

主催者の会議に出席させてほしいと

お願いしましたが

夜しか開催しないとのことで、

会議に出席することも叶いませんでした。

……

結果的にはまぐろは売り切りましたが

人件費(解体の技術を持った方々の日当)が

かかりましたので

その分は主催者にご請求

申し上げたところです。

今回、主催者側に

なんとしてもこのイベントを成功させたい

という気概は感じられず

返事は0.2秒※の精神で快諾した私達にとって

なんだかもの足らないイベントでしたが

それでも

依頼を受けたら

また引き受けてしまいそうな気がします。

すべての物事は損得で計れないものだと

思ってます。

こういうことがあっても

やはり小名浜が好きだし、

盛り上がって欲しいからですかね?

関わって下さった皆さん

ありがとうございました!

※返事は0.2秒、とは

中村文昭さんの著書に詳しいです

※12/9追記

主催者側の方に昨日お会いしたら

『ちょっと安く売りすぎたんじゃない?』

と言われてしまった…

何を

どれくらいの価格で

どれくらいの数量を売り

どれくらいの利益が見込める

っていうのは

経営者たる主催者が判断することだと

思いますよ。

年末年始のおしらせ

12月と1月の営業についてお知らせです。

P君があくびをしている日が、お休み。

12月24日はクリぼっち会開催のため、

開催の趣旨をご覧のうえ

どうぞおいでください!

思い出深い夜になりますように。

1月2日から、1月5日は

15時から21時まで営業します。

昼呑みできますよ!

汐風竹町フェスタのご案内

12月2日(日)正午から、

汐風竹町フェスタでまぐろ解体ショーの

お手伝いをします。

ポスターもできました!

豚汁振る舞いや

商店街の皆さんの

食べ物販売も有ります。

汐風竹町通りって、

「イオンモールと小名浜市街地を結ぶ」

「港からの避難路としての役割」

(※小名浜まちづくり市民会議発行

しおさいかわら版第13号から抜粋)

という役割もある、というところです。


(本町通りから、汐風竹町通りの入り口をみたところ)

この魚重さんの室内で

まぐろ解体をして、

大トロ、中トロ、赤身にわけて

販売します。

このオレンジの看板が、竹町通り入り口。

ちょうど、魚重さんが魚を干してました。

ここから、まっすぐ、イオンモールに

つながっています。

老舗?スナックパロパロ

もうちょっとイオンに近づくと

お洒落なカフェ兼レンタルスペース

シオカフェさん!

みんなが大好きなラーメン屋もあります。

汐風竹町通りはこんな感じです。

それでは、12月2日、お会いできるのを楽しみに

しています!んでは!

会津若松鶴乃江酒造

会津若松の鶴乃江酒造さんの

代表銘柄 会津中将が

平成30年東北清酒鑑評会純米酒部門で

最優秀賞を受賞されました

仙台国税局管内(東北)の

純米酒部門で頂点に値する評価を

受けられたそうです

福島民報の記事

食品産業新聞の記事
http://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2018/11/2018-1114-1253-14.html

なお、鶴乃江酒造さんの杜氏さんが

このたび発表になった

現代の名工 福島県で3名のうちの一人に

選出されたそうで、嬉しいことが続きますね。

福島民友の記事

鶴乃江酒造さん、おめでとうございます!

ハットリ君参上

300種類の魚を釣り終えるまで

自分が釣った魚しか食べない生活を

していた

魚芸人ハットリ君が

再訪してくれました

前回も今回も突然来て

さほど面白くはないネタ(失礼)を

披露していかれました。

彼のFBによると

体調が一時良くなかったり

してたようなので

心配してたけど

見事目標達成したので

アルコールも解禁!

新しいことをはじめたり

なにかに挑戦し続ける人をあざ笑ったり

代替案もないのにただダメ出ししたりすることは

好きじゃないです。

それよりも、その人を信じ

応援し続けたいという気持ちは

ハコちゃんとてるさんの

共通する想いです。

泉大好き!ガチャマシン

ユーエヌディーの社長 んめちゃんが

わくわくする仕掛けを作ってくれました

泉大好きガチャマシン

是非、地元の方に回していただきたいです。

缶バッチ、マグネット、キーホルダーの

どれかが入ってます

P君もモデルになってたりします。

あと、日本酒(又は生ビール)無料券も

しのばせましたので、レッツガチャガチャ!

汐風竹町フェスタdeまぐろ解体ショー

小名浜の本町通りの、魚重商店さんのとこから

まっすぐイオンモールにぬける

300~400メートルくらいの

通りを通称「汐風竹町通り」といって

芸術祭やら青空市やらが行われる

今、小名浜で割とアツいスポットなんですが

12月2日(日)の汐風竹町フェスタで

まぐろ解体ショーのお手伝いを

することになりました。

詳細は未定ですが、大雑把に言うと

魚重商店(魚屋)さんでお昼ごろから

大きなまぐろを解体して、

販売する、という内容になりそうです。

赤線で囲った部分が汐風竹町通り。

また詳細がわかりしだいお知らせしますね。

ではでは。

11月の予定と小ネタ

11月のお休みは

11日(日)

17日(土)(ワイン会出席のため)

18日(日)

25日(日)

です。

なぜワイン会で臨時休業?

というのは、

この毎年のボジョレー・ヌーボーの会は

私たち夫婦が出逢った

きっかけになった会なのです。

なので店の名前にも

「酒縁」ということばを

入れました。

酒縁てる始動のはじまりは実は

ワインだったという小ネタでした😹

最近の空席状況について

普段、どのくらい席があいてるのか、

混んでるのか、

具体的な数字でお知らせしておきましょう。

🐶 🐶 🐶

10月は、日曜日を除き

26日間営業しました。

そのうち、2回転※以上した日は

6日です。

(※9席あるので、18名以上

来店客が有り、空席が

出にくい状況をさします。)

月のうち20日ぐらいは

割と余裕をもって営業している

のが実際です。

何時も混んでいて入れないとか

そんなことは全くないので

気になる方は

お電話くださいね。

☎0246855846

昨日は事前の予約がゼロでしたが

トータル11名の方が

煮魚や燗酒でゆるゆる

されていかれました。

寒くなってきましたので

みなさま、どうぞご自愛ください。