酒縁てる が物語に登場しました

酒縁てるが、常連さんたちがfacebook上で創ったリレー小説に登場しました。

なかなかの力作です。ありがたいので、まとめました。お二人とも、ありがとう。
……………………

むかぁし昔、常陸の国に煩悩和尚という坊さんがおったそうな。

和尚がある日、会田の浜を散歩しておると大きな甕が流れ着いていたそうな。

和尚は流れ着いた甕を恐る恐る覗いてみたところ、甕から赤ん坊が飛び出しました。

赤ん坊の前掛けには「零点九九」と書かれていたので、和尚は一未と名付けお寺で育てることにしました。

一未はすくすくと育ち、13才になったある晩「和尚さん、実は僕は月から来た調査官なんです。

和尚さんの欲深振りをたくさん見させてもらいました。

あなた程ダークサイドに染まりきった方は、見た事がございません。

僕の力では、あなたをお救いする事は出来ないみたいなので、僕はまた旅に出ます。」

と言って、満月の晩、助けた亀に乗って田町という竜宮城へ向かい、そこで幸せに暮らしたそうな。

和尚に見切りをつけた一未が出て行ってからというもの和尚はショックのあまり更に教えを会得すべく毎日毎日怪しいお経を唱えておりました。

そんなある日のこと、和尚の枕元になんとも怪しげな爺様が現れこう言いました「一未に会いたければ てる に行け。 ヤツはきっとそこに帰ってくる」と。

夢か現実か半信半疑の和尚でしたが、とりあえず”てる”に行ってみることにしました。

和尚が恐る恐る てる の扉に手を掛け開けてみると、そこには泉村を夜な夜な荒らし回り、村人達を恐怖に震え上がらせている巨神兵 順子 が一未を肩に乗せて宴の真っ最中じゃった。

和尚は何事も無かったかなように、扉を閉めて帰ろうとした時、店の娘てるが和尚に助けを求めたのじゃ。

「和尚様、どうか助けてくださいませ。もう10日もお店に居座られ、飲んだ食ったの宴を続けており、困っております。

主の はこ座衛門も、買い出しに行くと言って出て言ったきり、3日も帰ってきません。

お願いを聞いて頂けましたら、半年間特別サービスでお店をご利用していただきます。」

「娘よ、その言に偽りはないな。」

和尚は、それまでの人生で見せた事もないような笑みを湛えた顔で、

「よしっ、拙僧に任せなさい!!」

と力強く応えると、何故か駅に向かって走っていってしまいました。

「ふぅ、あぶねぇあぶねぇ巨神兵順子相手じゃ命がいくつあったって足りやしねぇ」和尚がブツブツ言いながら駅へ走っていると、突然何かにぶつかって倒れ込んでしまった。

和尚は膝小僧を擦りむいて半べそかきながら見上げると、そこには大きなカツオを担いだ漢が立っていた。そしてその漢は唐突にこう言った「このカツオを食わせりゃ、あいつら正気に戻るはずだ!」

なんとこの笑顔が眩しい恰幅のいい漢は、はこ座衛門だったのだ。

和尚はニヤリと笑い「諦めたら、そこで試合終了ですよ!」と訳のわからないことを叫ぶと、はこ座衛門を連れだって”てる”に急ぐのだった。

もう膝小僧の痛みなど気にもならなかった。

“てる”に着いたはこ座衛門は、見事な包丁遣いであっという間にカツオのお刺身をつくり上げましたが、ニンニクを擦っている隙に、なんと和尚が出来上がったカツオを、

「見せてもらおうか、連邦の白いヤツとやらの性能をぉぉぉぉぉ」

と絶叫しながらまな板毎持って”てる”を飛び出して行きました。

一心不乱に走り続け、気が付けばお寺とも”てる”とも全然違う方向にある玉川団地村に着いてしまいました。

もう暗くなってきたし、お寺から遠くに来てしまったので、心細くなって泣きながら♪蝋人形の館♪を歌っていると、

「お〜しょおさん、和尚さん〜、お腰に付けたカツオさん〜、ひとつ私にくださいなぁ」
と、木の上から聴こえてきました。

腰になんか持ってねぇけどなぁ、と木の上を見ると、玉川団地村で、いや小名浜村界隈でも有名なイタズラ猿のカズトが一番搾りを片手に、和尚の持つカツオを狙っておりました。

渡さぬぞぉ、渡さぬぞぉ。

和尚の気迫に押される事なく、カズトは和尚に飛び掛かりました。

揉み合いになり、ガッチリ四つに組み合ってしまったばっかりに、和尚は池にカツオを落としてしまいました。

絶望に暮れる2人でした。

すると突然池が眩く光り、池の中から2人に負けるとも劣らない怪しいオジさんが現れました。

「お前が落としたのは、この赤メガネか?それともこの白メガネか?」

和尚は、

「赤メガネっ」

と朗らかに答えましたが、池から出てきたオジサンは、

「カツオじゃないとこ、突っ込まんかいっしかも赤選ぶし(涙)」

と、とても悲しい気持ちになりながら、池に引っ込んでしまいました。

和尚がカツオを持って行ってしまったせいで、”てる”の混乱は治まるどころか、より一層ひどい状況となってしまいました。

そこに1人の若武者が現れました。
「僕の大好きな”てる”でなにしてるんだち!」

若武者は腰からカツオを抜くやいなや瞬く間に厚切りカツオをカウンターに並べました。

「ショウガとニンニクどっちにするでちか?」

「P太郎! いいところに! ここは俺に任せろっ!」
ハコ左衛門がタイミングよくすりおろしニンニクを出し、さらに阿吽の呼吸で看板娘のてるが日本酒を出したものだからもうたまりません。

順子と一未は我に帰り、いつもの楽しい飲兵衛に戻ったのでした。

「P太郎お帰りなさい! 立派になって!」看板娘のてるは立派になったとはいえ相変わらず手足の短いP太郎が懐かしくて嬉しくてたまりませんでした。

「でもよ。若武者ってそれほど若くもねぇだろうよ」とハコ左衛門

「うるさいでち! そこは言わない約束でち!」

「笑って笑ってみんなで幸せになろうよ」居酒屋てるはいつも笑い声が絶えない店になりましたとさ。

清航館まぐろ祭り~解体ショーとまぐろ食べ尽くし~

大きなまぐろ一匹を解体して、余すところなくまぐろ丼にして販売します。
まぐろ解体は、店主ハコちゃんが担当します。
※売り上げは、特定非営利活動法人の目的である、古民家保全・再生・活用事業に充当させて頂きます。
中之作プロジェクトのHP
【開催日】 平成29年9月24日(日)
【時間】受付開始 午前10時30分~
    解体ショー開始 午前11時~
    まぐろ丼提供 正午~午後1時30分ごろ(まぐろがなくなり次第終了)
【場所】清航館(福島県いわき市中之作字川岸10番地)
【料金】大人1,600円 小学生以下800円 
【主催】特定非営利活動法人中之作プロジェクト日本酒部

酒縁のはじまり2

建物を借りることを決めたものの、その建物と設備には相当な修繕が必要なことがわかりました。

そのことで、一番最初に相談したのは建築士の豊田さんと大工の西山くんです。昨年の夏でした。

豊田さんが運営している #中之作プロジェクト というNPOに

私たち夫婦がよく遊びに行っていて、

その縁で知り合ったお二人にさまざまな要望を託しました。

そのさい、なぜ豊田さんは建築士になったのか、西山君はどうして大工になったのか。

という質問をさせていただきました。

なりたかった職業を決め、実現させている彼らが

とてもまぶしく、頼もしく感じたからです。

彼らの生業との出会いや経験談を聞いて、これからの自分たちを鼓舞したかったのもありました。

彼らが生業に対して持っている信念を知ったことは、

とっかかり不安だらけだった私達にとって相当な励みになりました。

では、お店でお会いしましょう。今夜も良い酒縁に恵まれますように。

直近の営業日のお知らせ 8月17日~

本日16日は臨時休業日です。明日からは美味しい鰹入ります。お電話ください。0246-85-5846

8月17日(木)営業します。
8月18日(金)三時間制で営業します。
8月19日(土)三時間制で営業します。
8月20日(日)定休日です。
8月21日(月)営業します。
8月22日(火)営業します。
8月23日(水)営業します。
8月24日(木)営業します。
8月25日(金)三時間制で営業します。
8月26日(土)三時間制で営業します。
8月27日(日)定休日です。

混雑の目安について。

いつも満席ですよね、とよくお客様から言われますが

まったくそんなことはありません。(断言)

夕方5時開店で、いずれの日も6時前は空席が目立ちます。

7時以降は週の後半(木・金・土曜日)は混雑しますが

月・火・水曜日は7時以降でも比較的席に余裕がある日が多いです。

混雑状況は刻々変化しますので、空席状況はお店の近くに来たらお電話でご確認ください。

0246-85-5846

酒縁てる8月5日現在の日本酒

8月14日(月)15日(火)は三時間制で営業します。

8月16日(水)は臨時休業日です。すみません。

では、お店でお会いしましょう。今夜も良い酒縁に恵まれますように。

直近の営業日のお知らせ

営業日が変則的です。チェキラ!
混雑が予想される日は3時間制です。(オーダーストップは席の取り置きから2時間半後)

8月7日(月)営業します。
8月8日(火)営業します。
8月9日(水)営業します。
8月10日(木)営業します。
8月11日(祝)営業します。3時間制です。
8月12日(土)営業します。3時間制です。
8月13日(日)20:00から営業します。(17:00~20:00は貸し切り)
8月14日(月)営業します。3時間制です。
8月15日(火)営業します。3時間制です。
8月16日(水)お休みです。ごめんなさい。

3時間制、とは、早い時間に来ることができないお客様に、空席ができる時間のめやすをお知らせし、ある程度食事を楽しんだ方には気持ちよく席を譲っていただくために当店が定めた一般的なルールです。

時間帯でいうと、平日は7時くらいが混雑のピークです。ですがひょっこり空席ができることもあるので、初めての方でも、ためらわずにお電話ください。0246855846

お店でお会いしましょう。今夜も良い酒縁になりますように。

法人成りしました。

8月1日をもって酒縁てるは法人化しました。

法人の名称は、合名会社箱崎義典商店 でございます。事業目的を公開します。

1.飲食店業
2.酒類販売業
3.海産物加工販売業
4.古物商
5.催事企画運営業
6.宅地建物取引業
7.前各号に附帯関連する一切の事業

いまどきなぜ、合名会社なのか。というと、

株式会社よりは設立費用が抑えられること、

夫婦二人で経営する個人商店だが法人格は取得したいこと、

味噌、醤油、酒造店のような老舗によく見られる法人組織であり、

知名度でいえばLLC(合同会社)より合名会社の方が有ると判断したからです。

(決してLLCの長所を否定する意図はありません。かえって合名会社の設立はちょっとリスクもあるし稀であると思います)

法人格取得をきっかけに、何かが劇的に変化することはありませんが、

二人とも健康に留意して、皆さんに楽しんでもらえる仕掛けを増やしていきたいと思っています。

ではでは、お店でお会いしましょう。良い酒縁となりますように。

営業日のお知らせ

月、火、水曜日は席に余裕があることが多いです。
腰を据えて福島のお酒に向き合う時間になりますように。
(木、金、土は混雑する傾向にあります。)

7月31日(月)営業します。
8月1日(火)営業します。
8月2日(水)営業します。
8月3日(木)営業します。
8月4日(金)営業します。3時間制です。
8月5日(土)営業します。3時間制です。
8月6日(日)お休みです。ごめんなさい。

初めての方でも、ためらわずにお電話ください。

お店でお会いしましょう。良い酒縁となりますように。

電話 0246-85-5846(ハコちゃん、ご飯よろしく)

酒縁のはじまり

このホームページの制作にご尽力頂いた 白メガネ荒川真一さんが、泉駅前のテナントが空いたらしいよ。と教えてくれたのが昨年の初夏のことです。

次の日に建物を見に行き、大家さんの電話番号が張り紙してあったので、連絡してすぐに会いにいくと、

ハコちゃんが船乗り時代に取引の有った方でした。何十年ぶりの再会でした。

全く知らねぇ人じゃねぇし、貸してやるよ。と、その日のうちに話がまとまりました。

『鮮魚と日本酒を扱う飲食店を生業にしたい。』という小さな夢が、白メガネさんの情報をきっかけに、むくむくと実現に向かって動き出した瞬間でした。

私達を励ましたり叱ったりして、良い方向に導いてくれる方々の想いを大事に抱きかかえて、あたたかい店にしていこうと思っています。

皆様から頂いたご縁を、今後少しずつこのブログでご紹介していけたらと思っています。

では、今度はお店でお会いしましょう。良い酒縁となりますように。